オーセンティックバーの街 沼津

かけがえのない沼津の宝物

BARには無数の時間が存在する。

自分と向き合うため。誰かと会話をするため。バーテンダーとうんちくを語るため。
様々な想いを持って訪れる場所。
そこには決まった正解はない。

あなただけのために作り上げられる一杯。
注文の仕方も人それぞれ。決まったお酒を頼んでもいい、好みを伝えてもいい、
はたまた、今の気分を伝えるだけでもいい。
その一杯には、バーテンダーの経験や想いはもちろん、あなたがそのとき求めるものが込められているはず。

そんな一杯に必ず出逢える沼津のBAR。

古くから縁で繋がれ、醸成されてきたオーセンティックバーの街 沼津。
築き上げてきたものは、その背中を見てきた者たちに引き継がれ、今に続いている。

少し入りにくい扉を開けさえすれば、優しくすてきな時間をバーテンダーがあなたに届けてくれる。

今宵の一杯は沼津のBARでいかがでしょうか。

Frank BAR

オーセンティックなBAR

目の前に広がるバーカウンター。グラスを傾けるカウンターでの出会い。

「バーの入り口は隠れ家のよう。」少し重めの扉をぐっと開けると目の前に螺旋階段。
その階段をのぼっていくと目の前に広がるバーカウンター。ジャズとお酒と暖かい色のバー。

オリジナルカクテル「シシリアンドライバー」

西浦で採れる貴重なブラッドオレンジを使ったカクテル

西浦でたった一軒だけブラッドオレンジを生産している農家さん。そんな農家さんと長く付き合いのあるフランクバーのマスターが作る、オリジナル沼津のカクテル。さらっと飲みやすく、お酒の弱い私でも嬉しいカクテル。時間が経つとだんだんオレンジの色で赤くなっていく。

沼津の宝物の思いを込めて

「イコロ」宝物という言葉の意味

寿太郎みかんといえば沼津で採れるおいしいみかん。そのみかんジュースを使い、ウォッカにオレンジのフレーバがついたマンダリンを…。少し強めのカクテルに。
カクテルの名前は「イコロ」。アイヌ語で宝物という意味です。
沼津の宝物として愛して欲しい。マスターの言葉は優しく響きます。
見た目、香り、味、音、カクテルの名前に、触りたくなるような五感のバランス。

バーで自分の時間を楽しんで

マスターの相原さんのお話は心地よく、時間が経つのを忘れます。

「目を見て話をすること」
直接会って、目を見て会話をする大切さ。一緒に同じ時間にいるから伝わる言葉。
人に優しく接することでたった一人の心が動くということの嬉しさ。時に、声をかけないそばにいる優しさ。
毎日たくさんの思いを背負ってる。そんな生活の中、バーでほっとする時間があるから。相手にとって居心地のいい時間になるようにと寄り添うマスター。
マスターの笑顔に会ってほっとする人がどれほどいるんだろう。そんなことを考えた時間でした。

好きなコトをして生きること。

バーで飲むカクテルがジンっと心に広がるのはきっと暖かい人がいるから。

毎日の中でたくさんの人に会う。
「人は自分に持ってないものを持ってる。」だから美しいし、バーで出会う楽しみ。
言葉にする難しさ、相手を思う距離感、たくさんのバランスが必要な毎日。今日の最後に笑顔に出会える場所。
「バーではなんでも聞いてください。」
メニューがないから、お酒を知らないから。そんなことを心配しないで。
「今こんな気分なんです。」一言伝えるとカウンターの中から響く音。
さぁ今週末はバーでとびきりの一杯を。


VICTORY coming soon

VICTORYさんの記事 coming soon

この記事を書いた人


淺沼 春香(フォトグラファー)
Asanuma Haruka

私は季節の果物を使ったカクテルを頼みます。キラキラしたフルーツのカクテルは、目の前に出されるまでのお楽しみ。
バーテンダーさんとの会話、同じ時間にいる人との出会い。ドキドキしながらもいつの間にか居心地のいい場所に変わっていく気がします。

ichigo-chan

いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。いちごが大好きです。